Openoffice

  • お電話でのお問い合わせ0120-974-713 平日 8:30-18:00
  • 会員限定会議室予約
  • お問い合わせはこちら

オープンオフィスとは?

  1. ■成功するにはワケがある
  2. ■初期費用と軍資金
  3. ■入会制度って?
  4. ■なぜ「無人運営」なのか?
  5. ■一坪オフィス実験
  6. ■立地・デザインについて
  7. ■共益費って?
  8. ■何も買う必要がない!
  9. ■オープンオフィスで過ごす「あなたの一日」
  10. ■成功するにはワケがある2

共益費って?

オープンオフィスを利用するために月々かかる費用は、
まず、個室の月額利用料があります。
(利用料は部屋タイプによって違います)

みなさまに快適にオフィスを利用して頂くために、オープンオフィスでは個室利用料のほかに、
共益費を頂いています。

「えっ、共益費とは何?」
と思われるかもしれません。

オフィスを維持していくにはには、お部屋そのもの以外にも、本当にいろいろなものが必要です。
この辺は経験がなければ、見落としがちなことかもしれません。

そういったものを、まとめてご提供するための費用が「共益費」です。


共益費とは、


・水道光熱費
・設備利用費
・ビル共益費
・ゴミ出し
・フロアやトイレの掃除
・共用部分の消耗品代

…などが含まれます。
つまり、皆様にとっての毎月のランニングコストは、

 

個室利用料 と 共益費

(←固定費)

+)

>コピー代、電話代など

(←変動費)

ランニングコスト

 

ということになります。
(この共益費も、部屋タイプによって違います)


●お支払いについて
普通だったら、電気料は電力会社、水道料は、水道局、インターネットはプロバイダ会社、、、、
というように、それぞれの会社から別々に請求書が届きます。
それぞれ振込先が違うわけですね。

しかし、オープンオフィスの場合、ここが工夫されています。

利用料と共益費はオープンオフィスからのご請求です。
オープンオフィスのコピー代、ネットワークプリンタ代などは使った分だけカウントして
ご一緒にご請求します。

一括で請求がきますから、振込先も一つで済みます。
毎月の支払いの管理が手間いらずで済みます。
この差を想像して下さい。

【注意】
オープンオフィス以外からのご請求になるものもあります。
(例)電話代は電話会社からの請求になります。

支払いサイトについて。
オープンオフィスでは、お支払いサイトを次のようにしています。
・締め日は月末です。
・お支払い日は25日です。
利用料と共益費は翌月分をご請求します。

*   *   *   *   *

オフィスを構えるには、設備面でも最初に必要なものがいろいろあります。
オープンオフィスでは、それらが買わずに揃うようになっていることをご紹介します。


Office Guide
青山周辺オフィス
赤坂オフィス
麻布十番オフィス
日本橋オフィス
渋谷オフィス
新宿オフィス
池袋オフィス
神保町オフィス
新橋オフィス
立川オフィス
北海道オフィス
仙台オフィス
水戸オフィス
新潟オフィス
名古屋・愛知オフィス
京都オフィス
大阪オフィス
神戸オフィス
広島オフィス
福岡オフィス
大分オフィス
熊本オフィス
その他
Company Information